Access
Map
Profil
  • Twitterの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円
  • Facebookの - 灰色の円
SNS

 © 2017 MIKAZUKI manual therapeutics All Rights Reserved.

Q&A

 

Q.どんな服装で行けばいいでしょうか?

A.肌着を何枚も重ね着したり、ジーンズのような硬い生地、モコモコした服装等は、施術が身体の芯に届きにくくなるため、なるべくお避けください。ご自身の動きやすい格好をご持参いただくか、当院で用意した施術議に着替えて頂いても構いません。

Q.赤ちゃんがいるのですが…

A.通常はベッドでの施術ですが、事前にお子さま(年齢もお聞かせください)が同伴するむね、また布団でお願いしたいと、お言づけいただければお布団でお子さまと一緒に寝転んでの施術も可能です。

赤ちゃんや小さなお子さまは初めて行った場所でお母さんの肌と自分の肌とが離れることにとても敏感。私も娘がまだおしゃべりができない時期に身体がツラくて整体に行った際、娘がずっと泣いており、なんだかおろおろおちつかない施術となりました。泣いてる方も、泣かれている方もつらい時間となってしまうので、なるべく一緒にゴロンしてリラックスした状態で施術できたらと思っております。

また、別途+1,000円で、ご自宅へも出張可能ですので、お気軽にお問合せください。

Q.整体で身体が楽になったり、気持ちがよくなるのはなぜですか?

A.なでたり押したりする刺激は、皮膚の神経を介して全身の血液やリンパ液、また気の流れをよくし、内臓の機能を整えたり、ホルモンの分泌を促す効果があると言われています。肩こりや、腰の痛みなどつらい症状は多くの場合、筋肉の緊張と疲労によって新陳代謝が悪くなるために起こります。神経や血行、リンパ、ホルモンなどを刺激すれば、体が活性化し、こりや痛みを解消できて楽になるだけでなく内臓機能の働きも活発に。また、皮膚からの刺激は脳の自律神経の中枢や情動の中枢に伝わって、気持ちよさを感じたり、精神的にもリラックスすると言われています。

Q.施術は、定期的に受けたほうがいいですか?

A.定期的に受けるほうが日々の暮らしが楽に、そして心も健やかに過ごせます。間隔をおけばおくほど、ほぐれていたしこりが日々の生活により再度固まってしまい、それをとるのにまた時間がかかってしまいます。物理療法の効果が持続するのは、3日か4日ぐらいと言われておりますし、だるさを通り越して急を要する症状の時には、週に2回程度受けるとよいかと思います。症状や体調、生活習慣にもよりますが、目安としては3週間に1回、ホームケアができるようでしたら1か月~1か月半に1回程度の施術を受けることをおすすめします。