© 2017 MIKAZUKI manual therapeutics All Rights Reserved.

  • Twitterの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円
  • Facebookの - 灰色の円
SNS
Access
Map
Profil

頭皮の凝り

February 27, 2019

 

私事ですが、ようやく確定申告が終わり、なんとなく身辺が落ち着いてきました(笑)

また、今日からのんびりブログを更新していこうかと思います。

 

今日は、頭皮の凝りについて書きたいと思います。

健康な頭皮はよく動き、首肩の凝りがあるように、頭皮にも凝りが現れます。しかし自分の頭皮を他者の頭皮と比べることは少ないため、自分の頭皮の凝りに気づく人はほとんどいません。

 

人の頭は、前と横、後ろの部分には筋肉がありますが、頭頂部には筋肉がなく、薄い膜で覆われています。首や肩、顎などに疲れがたまると、その周囲の筋肉が凝って、頭皮はどんどん動かなくなり “凝り” になってしまいます。

普段、あまり考えることはないかと思いますが、人の身体は筋膜で繋がっています。もちろん頭皮もその一部で頭皮からくる凝りが下記の様な身体の不調につながることもあります。

 

■眼精疲労

頭皮が凝り、血液の流れが悪い状態では、顔や首筋の血液の流れも悪くなってしまいます。また頭部の筋肉は視神経とも深いつながりがあるため、頭部のこりは眼精疲労を起きやすくします。

 

■ホルモンバランスの崩れ

自律神経が乱れると、ホルモンバランスもくずれていきます。ホルモンバランスの崩れは、疲れやすさ、手足の冷え、のぼせなど、更年期障害のような症状を引き起こします。

 

■自律神経の乱れ

自律神経には、緊張しているときに活発になる交感神経と、リラックスしているときに活発になる副交感神経があります。この2つのバランスが崩れるのが、自律神経の乱れ。頭痛や不眠、めまい、イライラなどの症状があらわれます。

 

■抜け毛や髪質の低下・白髪の増加

頭皮の凝りは、頭皮の血流が悪い状態です。なので根元に栄養がいきにくくなり、髪の毛の質が悪くなったり、抜け毛、また白髪の増加を誘発します。

 

 

人間の頭と顔には約70ものツボがあります。このほとんどが自律神経系を整えるツボなので、頭皮をほぐすことは、精神的な疲れ、また脳の疲れを癒すことにつながります。特に “体は疲れているのに、眠れない” という方は、頭皮マッサージがオススメです。

また、寝ている間に歯をくいしばる癖のある方は、頭が凝っている場合が多いので、両耳の上辺りにそれぞれ手を添えて、硬さを確かめてみてください。

もし両方、またはどちらかが固かったら、少し強めに上下に揺らしてマッサージしてみてください。

毎晩のシャンプー時に頭皮マッサージをする癖をつけるといいかと思います。

 

頭皮の凝り、また首のつまりを解消できると、脳の血流もアップし新鮮な酸素や栄養が補給され脳が活性化し、頭痛が解消されたり、五感も冴えわたるようになってきます。

首を触るのが怖いという方は、まず頭皮マッサージから始めてみてください。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload