© 2017 MIKAZUKI manual therapeutics All Rights Reserved.

  • Twitterの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円
  • Facebookの - 灰色の円
SNS
Access
Map
Profil

自分を愛する

December 30, 2018

 

私たちにとって自分を愛するということは、人生のテーマの一つだと思います。

人生とは、ある意味自分の愛し方を学ぶ道のりなのではないでしょうか。

自分を愛するとは、どういうことなのか、改めて考えてみましょう。

 

■気まずい思いをしても、自分の真実をフェアに評価できる

自分の真実を評価するというのは、相手の意見を否定することではありません。あなたが何を感じ、何を考えているか、それをシェアすることであり、誰かに気兼ねしたり、あなたが気まずく思う必要はないと知ることです。

 

■みんなの意見を自分の意見にしない

自分の意見を、周りの人たちの平均的な意見に合わせる必要はありません。あなたの意見は、あなたの意見であっていいのです。それが、あなたの人生を作っていくからです。生きたい人生を作るような意見を持ちましょう。

 

■健全であることと、完璧であることとは違うと知る

完璧だから健全ということではなく、自分のバランスを見つけ、保つことが健全さだと言えます。そのバランスは、いつも同じとは限りませんが、すべてはサイクルであり、その時のベストが自分のベストです。

 

■愛する人に向きあうように自分と向き合う

私たちは、他のあらゆる人に対して愛情深い態度を心がけるにも関わらず、自分に対してだけは、とても辛口です。愛する人にするのと同じように、自分を愛し、優しくケアしてあげましょう。

 

■自分以外の誰も自分を救えないと知る

自分を救えるのは自分しかいないと、よく言います。逆に言えば、自分さえいれば、何とでもできるということです。何か良いことが起きるのを待ち望んだまま人生を生きるのか、今、行動に移すのか。その選択すらも、自由意志なのです。

 

■自分の心があなたに伝えようとしていることに耳を傾ける

心が痛みや辛さを感じているのに、思考が耳を傾けようとしないことがあります。思考は思考で、不安に駆られているのです。それらの声を、注意深く聞いてあげましょう。

 

■状況を改善する方法を考え、それを行う

恐れている状況は、今、実際に起きていることではなく、思考の中の想像に過ぎません。私たちには自分を救い、愛を実現する力があり、どんな状況にも必ず改善策があります。それを見つけ、行いましょう。

 

■自分を誇れるものを、きちんと評価する

誰でも人生の中で、自分にとって誇りに思うことがあるはずです。小さな事かも知れませんし、きちんと形にならないものかも知れませんが、それは、あなたが生きてきた証です。小さなことでもきちんと評価してあげましょう。

 

自分を愛してこそ、他者を愛し、受け入れることができます。どんどん愛してあげましょう。

 

 

さて、いよいよ2018年も終わります。

今年も大変お世話になりました。

皆さまにとって来年も良き一年となりますように。

今後とも、三日月整体院をよろしくお願い致します。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload