© 2017 MIKAZUKI manual therapeutics All Rights Reserved.

  • Twitterの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円
  • Facebookの - 灰色の円
SNS
Access
Map
Profil

自分に価値を置く

November 27, 2018

自分に価値を置くとは、“自分を尊重し、大切にする” こと。個人の人柄や行いを評価し、敬意を示すことです。

 

私たち日本人は、日頃から礼儀正しく、周りの人への敬意は忘れませんが、自分のことになるとおろそかにしがちです。けれども自分自身との関係を怠っていると、他人との関係も、時間が経つにつれ、やがて崩れてきてしまいます。

そうなる前に、他の人に対するのと同様に、自分の価値を認め、自分自身を敬いましょう。

 

私たちは誰もが、ポジティブに評価され、敬われるべき存在です。

どうしてもその様には考えられない…という方のために、今日は自分を大切に扱えるようになれるコツをいくつかご紹介します。

 

 

■自分自身でいる

自分を偽ることなく、常にありのままで過ごすこと。

これは自分自身のためだけではなく、周りの人々にも、誠実に関わるということに繋がります。ある意味周りの人へも敬意と信頼が持てている証拠です。

 

■自分の意見を表明する

できる、できないをはっきり伝えるのは、時には気まずくなってしまう場合もありますが、ちょっとした居心地の悪さと折り合いをつけるのも、自分の意を表明する時には必要になってきます。通常、意見はただの意見であって、相手を否定する訳ではないので、相手に対して悪く思う必要はないのです。

 

■自信を持つ

自信を持って人と関わるには、いくつかコツがあります。その場にふさわしい身だしなみにするだけで、思わぬ自信が湧いてきますし、相手に話を聞いてもらうには、ゆっくり堂々と話すことも大事です。目を合わせて微笑むことが出来たら、それも自信に変わります。自分の中でこれをしたら自信がでてくるといったサインを作るのもいかもしれません。

 

■人と比べない

日頃から、自分に対して優劣をつけないようにするのは、精神衛生上、大切なことです。優劣の比較から常に自分を自由にしておくと、妙なプライドも、また嫉妬に落ち込むこともなくなります。自分を含むすべての人、それぞれが尊重され、敬われるべき存在であると考えましょう。

 

■ユーモアを忘れない

自分を敬うことは、自分本位になったり、周りに対して尊大にふるまうことではありません。あなたが他の人と同様に、自分に価値を置くということです。それは主観から離れ、自分を客観的に見つめることでもあります。自虐的にではなく、時には自分自身をも笑いにできる余裕は、周りから愛され、大切にされるひとつの手段となるかもしれません。自分自身のこと以外にも、生活の中で常に楽しいことを考えることはとても重要です。

 

■セルフケアをしっかりする

あなたの身体は、この世界で一番大切なものであり、セルフケアは基本中の基本です。スキンケアでも、整体でも、エステでも自分が一番ときめくことを定期的にしてあげましょう。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload