© 2017 MIKAZUKI manual therapeutics All Rights Reserved.

  • Twitterの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円
  • Facebookの - 灰色の円
SNS
Access
Map
Profil

引き寄せ

October 30, 2018

引き寄せを考える際 “意図する” ことが必要だと言われています。なぜならば、引き寄せとは、意図の現実化だからです。

そこで、“意図する” とは、どういうことで、なぜ大切なのかをお話したいと思います。

 

意図とは “自分がどんな目的で、どのような効果をもたらしたいか” を考えることです。

目標よりは、もう少し広い意味を持ち、こうだったらいいなーと、ただ願うよりも、もっと意志がはっきりしている状態。意気込みに近い感覚に近いかもしれません。

 

では、よい意図を定める具体的な方法をお伝えしたいと思います。

 

1.意図の目的に注意する

意図を定める際、根本の目的にエゴや執着、罪悪感や不満などがあると、それが現実化し、余計にストレスが溜まります。よい意図を定めるためには、純粋な心からの目的意識に基づいている必要があり、自身の生きる意味となり、そのためにエンジンを燃やし続けられると思う様なもの。それが現実化のためのよいモチベーションであり、意図となります。

 

2.意図をしっかりもつ

自分がどんな目的で、どの様な生き方をし、どんな効果を得たいか、しっかり考えましょう。細部まで考えられる人は考えた方がいいですし、考えられない人は、無理に考えようとしてストレスになるより、シンプルにしておくのがいいと思います。心の迷いやモヤモヤがないのが、クリアな状態です。

 

3.結果を期待しない

ゴールや結果をどう扱うかは、提唱する人によって違うと思います。理想の姿を強く視覚化した方がいいという話もありますが、引き寄せで結果を期待しないことが、凄く大切だと思っています。逆に言えば、引き寄せで苦しくなる人って、特定の結果を期待し過ぎているケースが多いのではないかと思うからです。ある方は、運動会の選手宣誓に近いとおっしゃっていました。選手宣誓って、「我々は健全なスポーツマン精神にのっとり、正々堂々と戦うこと」を意図していて、どっちが勝つか結果は期待しないんですよね。恋人を作りたいなら「共に自分らしくいながら、愛を分かち合うこと」、仕事で成功したいなら「自分の能力を最大限に生かし、社会に貢献すること」などが、よい意図と言えます。恋人が出来る、仕事で成功するというのは、結果的についてくるものなんですよね。

引き寄せを行う際、結果に重きを持ちすぎると、どんなによい意図でも成功率は50%と言われています。一度、しっかり意図をもち想像したら、忘れましょう。そして、周りの人々と愛を分かち合い、自分らしく生きる。それを実行、体現していきましょう。裏のないクリアでよい意図であるならば、恋人や成功は、後からやって来ます。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload