© 2017 MIKAZUKI manual therapeutics All Rights Reserved.

  • Twitterの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円
  • Facebookの - 灰色の円
SNS
Access
Map
Profil

今、この瞬間を生きる

October 16, 2018

“今、この瞬間を生きる” を具体的に言えば、“今していることに意識を集中する” ということ。また、大きな意味では、“今、あなたが手にしているものだけについて考える” ということです。

不安や恐れは、変えられない過去の記憶や不確かな未来からやってきています。

どうして過去や未来を考えてしまうのか理由を探っていくと、大体が自信のなさからくる不安や恐れ、過去の出来事に対する怒りと被害者意識などが見つかります。また執着していることがある場合、そこに満たされない何かや、心の傷が隠れています。

過去や未来のことをきちんと捉え、対策していった方がいいと考えがちですが、実際はどんな対策をしても事象としてなるようにしかならないので、その間、悩んで頭の中を不安で埋める必要はないのです。しかし、多かれ少なかれ分かっていても考えちゃうのが人間ですから、そこをいかに切り替えるかに大切な学びが沢山含まれています。

 

では、なるべく思考に支配されずに “今していることに意識を集中する” ためにはどんなことをすればいいのでしょうか?

 

 

■呼吸を意識する

呼吸はいつでも今とつながっています。ゆっくり深呼吸し、呼吸にフォーカスすることで、意識を今に引き戻せます。

 

■今自分がしていることを、自分に言い聞かせる

たとえば歯を磨いているなら、“私は今、歯を磨いています” と自分に言い聞かせます。頭の中でそう考えることで、他の考えを追い出すことができます。

 

■身体に刺激を与える

過去や未来に思考が飛びそうになったら、体の一部をつねりましょう。また、腕に輪ゴムをつけておき、意識が飛びそうになったら、輪ゴムでパチンと軽く手に刺激を与えましょう。そうすることで意識を今に引き戻せます。

 

■一度に一つのことだけする

自分の目の前にあることに集中し、一つ一つ丁寧にゆっくりやってみましょう。

 

■自分の考えを客観的に意識する

意識は気づかぬうちに飛んでいってしまいます。ふとした時、自分が今なにを考え、囚われているのかによく注意して、負のスパイラルにはまる前に今に引き戻しましょう。

 

■自分の手にしていることが全てだと考える

今、あなたの手にしていることが、あなたの全てです。それを受け入れて、そこから自分の未来を作っていくと決意しましょう。 

 

 

目の前の物事から、思考が逸れてしまっても、それを元に戻すことを意識して練習すると、悩み、苦しむこともなくなってきます。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload