© 2017 MIKAZUKI manual therapeutics All Rights Reserved.

  • Twitterの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円
  • Facebookの - 灰色の円
SNS
Access
Map
Profil

引き寄せと睡眠

November 6, 2018

私たちが眠りに落ちる際、日中、意識のしっかりした状態であるベータ波から、リラックス状態のアルファ波、潜在意識や夢の中へとつながるシータ派へとシフトしていきます。

シータ派は、ひらめきが生まれやすい状態で、記憶や学習にも適していると言われており、この時に引き寄せのテクニックを使うと、潜在意識に直接働きかけるのでとても効果的。

今回はその、睡眠時に行う引き寄せテクニックをご紹介します。

 

 

1.自分の周りに見つけた素晴らしさに感謝する

一日を過ごす中で、嬉しい経験をしたら、感謝をしましょう。例えば、今日はバスの座席に座れた。運転中、信号が青ですんなり目的地に着いた…など、ラッキーと感じた小さな出来事でもいいです。寝る前に、今日一日の中で素晴らしかったことを10個思い出しましょう。最初、もし思い浮かばなかったら10個でなくても構いませんが、日々の中で素敵なことに目を向けていく練習をしましょう。

こうすることで今ある自分を肯定し、今の自分を基軸としたポジティブなイメージを作り出すことが出来ます。

 

2.現実化したいイメージにフォーカスする

そのポジティブなイメージのまま、現実化したいものをイメージします。住んでみたい家や、理想の銀行残高などを考え、自分がそれを手にした気持ちをイメージし、感謝します。

 

3.自分が望む状態を強くイメージし、言語化

実現した状態を、そのイメージを全て象徴するキーワードを言いましょう。例えば、愛、豊かさ、富、人との繋がりなど、自分の望む状態をイメージした時に感じる感情の全てを一語キーワードで考え、その感覚と連動させるような形で声に出して言います。

 

4.その感覚を象徴する動作をする

イメージ、感覚、キーワードを使った上に、さらにそれを象徴する動作を加えます。この動作には、自分の中に定着させる意味合いがあり、動作は何でもいいです。例えば、両手に胸をあてたり、オッケーサインを作ったり、自分の内側から自然と生まれてくる動作がいいと思います。

そして眠りにつきましょう。

 

5.朝、目覚めた時も、同じステップを繰り返す

目覚めた時も半分シータ波の中にいるので、同じステップを繰り返すことで、潜在意識により強く願いをインプットすることが出来ます。 

 

 

何回も繰り返すことで、潜在意識にはっきりと残り、引き寄せも強くなります。

秋の夜長に、ぜひお試しください。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload